典拠コントロール(読み)てんきょこんとろーる(英語表記)authority control

図書館情報学用語辞典 第5版の解説

書誌的記録(書誌レコード)の統制形アクセスポイント標目)となる個人名,団体名,著作の優先タイトル(統一タイトル),件名などの典拠形を定め,それらが一貫して使用されるよう維持管理すること.機械可読形の目録データベースでは,統制形アクセスポイントの典拠形(典拠形アクセスポイントまたは統一標目と呼ばれる),その異形(異形アクセスポイントまたは参照と呼ばれる),典拠形選定の根拠となった情報源などを構成要素とする典拠レコードを用い,書誌レコードとの間にリンクを形成することで,アクセスポイントの統一的使用を図ることができる.典拠コントロールは,目録データベース中にすでに存在する書誌レコードの検索漏れを防ぎ,重複レコードの発生を抑えることに有効であるため,書誌ユーティリティなどにおけるデータベースの品質管理にとって不可欠な機能である.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android