コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼康 かねやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

兼康 かねやす

?-? 鎌倉時代の画家。
京都栂尾(とがのお)高山寺に絵手本1巻をのこす。建永2年(1207)最勝四天王院に尊智らとともに障子名所絵をえがいた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かねやす【兼康】

江戸時代、本郷にあった歯磨き粉・歯痛薬を商った店。 「本郷も-までは江戸のうち」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の兼康の言及

【歯磨売】より

…歯磨売にはこうした振売だけでなく,床見世もあってネズミの曲芸などで人集めをして売ったほか,入れ歯も扱っていたらしい。〈本郷も兼康(かねやす)までは江戸の内〉といわれた兼康は,江戸本郷にあって,〈乳香散〉という歯磨きを売ったことで知られる。 江戸時代には,歯磨粉の原料として房州の砂が有名であり,《中陵漫録》には〈歯磨の沙(すな)ハ,房州より出る故に房州沙と云ふ,この沙水飛(すいひ)して竜脳丁子を加へ,諸国各々其の土地より白沙を製して売る,薩州にて山下の白沙を売る,備中にてハ山中の白石を粉して製す,何れも房州の沙におよばず,又米糠(もみぬか)を焼きて用ふべし,若葉の葉を焼きて焼きて粉して用ふる,竜脳,丁子,白檀にて香気を付ける,余諸国に於て用ひ試む,東都のごときハなし〉とある。…

【本郷】より

…肴店には1725年(享保10)日本橋の有名な呉服商伊豆蔵屋(いずくらや)吉右衛門が支店を開いて人気を集めたため,肴店は伊豆蔵横町とも呼ばれた。同じころ,3丁目には口中医師の兼康(かねやす)祐悦が薬種・小間物屋を開き,乳香散という歯磨粉を売り出したため,兼康横町という町名が生じた。このほか4丁目にも36年(元文1)笹屋という薬種屋が進出して光明膏という目薬を売り広め,これまた繁盛した。…

※「兼康」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

兼康の関連キーワード池上五郎右衛門本郷(東京都)十二ヶ郷用水鎌倉時代兼康祐元丹波親康渡辺百済口中秘伝丹波兼康命生く橘知宣画家本郷妹尾余勢

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

兼康の関連情報