コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼康 かねやす

2件 の用語解説(兼康の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

兼康 かねやす

?-? 鎌倉時代の画家。
京都栂尾(とがのお)高山寺に絵手本1巻をのこす。建永2年(1207)最勝四天王院に尊智らとともに障子名所絵をえがいた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

かねやす【兼康】

江戸時代、本郷にあった歯磨き粉・歯痛薬を商った店。 「本郷も-までは江戸のうち」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の兼康の言及

【歯磨売】より

…歯磨売にはこうした振売だけでなく,床見世もあってネズミの曲芸などで人集めをして売ったほか,入れ歯も扱っていたらしい。〈本郷も兼康(かねやす)までは江戸の内〉といわれた兼康は,江戸本郷にあって,〈乳香散〉という歯磨きを売ったことで知られる。 江戸時代には,歯磨粉の原料として房州の砂が有名であり,《中陵漫録》には〈歯磨の沙(すな)ハ,房州より出る故に房州沙と云ふ,この沙水飛(すいひ)して竜脳丁子を加へ,諸国各々其の土地より白沙を製して売る,薩州にて山下の白沙を売る,備中にてハ山中の白石を粉して製す,何れも房州の沙におよばず,又米糠(もみぬか)を焼きて用ふべし,若葉の葉を焼きて焼きて粉して用ふる,竜脳,丁子,白檀にて香気を付ける,余諸国に於て用ひ試む,東都のごときハなし〉とある。…

【本郷】より

…肴店には1725年(享保10)日本橋の有名な呉服商伊豆蔵屋(いずくらや)吉右衛門が支店を開いて人気を集めたため,肴店は伊豆蔵横町とも呼ばれた。同じころ,3丁目には口中医師の兼康(かねやす)祐悦が薬種・小間物屋を開き,乳香散という歯磨粉を売り出したため,兼康横町という町名が生じた。このほか4丁目にも36年(元文1)笹屋という薬種屋が進出して光明膏という目薬を売り広め,これまた繁盛した。…

※「兼康」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

兼康の関連キーワード定禅栂尾周制聖観(1)住吉永俊宅磨為辰宅磨為久宅磨為行万宗康房

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

兼康の関連情報