本郷(読み)ほんごう

精選版 日本国語大辞典「本郷」の解説

ほん‐ごう ‥ガウ【本郷】

[1] 〘名〙
① その人の生まれた土地。生まれ育った国。故郷本土本国
※続日本紀‐天平一二年(740)六月庚午「大原采女勝部鳥女、還本郷
② ある郷の一部で、最初に開けてその付近の発展の基礎となった土地。もとむら。
③ 諸郷のうち、諸役所のあった村。もとむら。
[2]
[一] (湯島本郷の) 東京都文京区南東部の地名。本郷通(旧中山道)が南北に走り、江戸時代は町屋のはずれにあたり、武家屋敷が多かった。東京大学などがある。
[二] 東京市三五区の一つ。本郷台の一帯を占め、本郷・湯島・駒込根津千駄木などが含まれた。明治一一年(一八七八発足。昭和二二年(一九四七小石川区と合併して文京区となる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「本郷」の解説

本郷
ほんごう

広島県南部,三原市西部の旧町域。沼田川の中流域にある。 1924年町制。 1954年船木村,北方村,南方村の3村と合体。 2005年三原市,久井町,大和町と合体して三原市となった。沼田川と支流尾原川の合する地に中心集落の本郷がある。中世小早川氏城下町,江戸時代は山陽道宿場町として発展。国道2号線に沿って工場が立地。兼業農家が多く,近隣都市への通勤者が多い。御年代古墳横見廃寺跡高山城跡,新高山城跡 (いずれも史跡) などがある。北西部は竹林寺用倉山県立自然公園に属する。北西部に広島空港がある。

本郷
ほんごう

山口県東部,岩国市北部の旧村域。錦川の支流本郷川中流域を占める。 1889年村制施行。 1911年河波村の一部を編入。 2006年岩国市,由宇町,玖珂町,周東町,町,美川町,美和町の1市6町と合体して岩国市となった。中心集落の本郷は江戸時代,山代宰判の勘場 (代官所) が置かれ,地方行政の中心地であった。現在は旧錦町広瀬にその機能は移った。農林業が主産業。北部に羅漢山 (1109m) を中心とする羅漢山県立自然公園がある。

本郷
ほんごう

長野県中西部,松本市東部の旧村域。田川支流の女鳥羽 (めと) 川流域に位置する9村が 1947年に合体して本郷村となり,1974年松本市に編入。中心集落の浅間には浅間温泉があり,美ヶ原への登山口となっている。

本郷
ほんごう

東京都文京区南東部の地区。旧区名。江戸中期には地区南部は町屋として栄えた。明治以降東京大学を中心に文教地区形成古書店,旅館,医療器具店が多い。石川啄木,徳田秋声の旧居跡がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「本郷」の解説

本郷【ほんごう】

東京都の旧区。1947年小石川区と合併し文京区となった。文京区東部,湯島,駒込を含めた地域であるが,現在は本郷1〜7丁目をさす。江戸時代は本郷2丁目の〈かねやす〉まで江戸の内といわれ,その外に大名屋敷が並んだ。東京大学があり,書店,飲食店,下宿,旅館,医療器具店が集中,一部に古い下町の家並みが残る。
→関連項目元禄の大火明暦の大火

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「本郷」の解説

ほん‐ごう〔‐ガウ〕【本郷】

その人の生まれた土地。故郷。
ある郷の一部で、最初に開けた土地。
郡司、また、役所のあった場所。

ほんごう【本郷】[地名]

東京都文京区南東部の地名。東京大学がある。もと東京市の区名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「本郷」の解説

本郷

吉川弘文館が発行する文芸誌、書誌PR誌。1995年創刊。隔月刊。書店店頭での無料配布もある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android