コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本郷 ほんごう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本郷
ほんごう

広島県南部,三原市西部の旧町域。沼田川の中流域にある。 1924年町制。 1954年船木村,北方村,南方村の3村と合体。 2005年三原市,久井町,大和町と合体して三原市となった。沼田川と支流尾原川の合する地に中心集落の本郷がある。中世は小早川氏の城下町,江戸時代は山陽道宿場町として発展。国道2号線に沿って工場が立地。兼業農家が多く,近隣都市への通勤者が多い。御年代古墳,横見廃寺跡,高山城跡,新高山城跡 (いずれも史跡) などがある。北西部は竹林寺用倉山県立自然公園に属する。北西部に広島空港がある。

本郷
ほんごう

山口県東部,岩国市北部の旧村域。錦川の支流本郷川中流域を占める。 1889年村制施行。 1911年河波村の一部を編入。 2006年岩国市,由宇町,玖珂町,周東町,町,美川町,美和町の1市6町と合体して岩国市となった。中心集落の本郷は江戸時代,山代宰判の勘場 (代官所) が置かれ,地方行政の中心地であった。現在は旧錦町の広瀬にその機能は移った。農林業が主産業。北部に羅漢山 (1109m) を中心とする羅漢山県立自然公園がある。

本郷
ほんごう

東京都文京区南東部の地区。旧区名。江戸中期には地区南部は町屋として栄えた。明治以降東京大学を中心に文教地区を形成。古書店,旅館,医療器具店が多い。石川啄木徳田秋声の旧居跡がある。

本郷
ほんごう

長野県中西部,松本市東部の旧村域。田川支流の女鳥羽 (めとば) 川流域に位置する9村が 1947年に合体して本郷村となり,1974年松本市に編入。中心集落の浅間には浅間温泉があり,美ヶ原への登山口となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほん‐ごう〔‐ガウ〕【本郷】

その人の生まれた土地。故郷。
ある郷の一部で、最初に開けた土地。
郡司、また、役所のあった場所。

ほんごう【本郷】[地名]

東京都文京区南東部の地名東京大学がある。もと東京市の区名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

本郷【ほんごう】

東京都の旧区。1947年小石川区と合併し文京区となった。文京区東部,湯島,駒込を含めた地域であるが,現在は本郷1〜7丁目をさす。江戸時代は本郷2丁目の〈かねやす〉まで江戸の内といわれ,その外に大名屋敷が並んだ。
→関連項目元禄の大火明暦の大火

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

本郷

吉川弘文館が発行する文芸誌、書誌PR誌。1995年創刊。隔月刊。書店店頭での無料配布もある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ほんごう【本郷】

その人の生まれた土地。故郷。
一郡の中で、中心になった所。また、郡司の庁があった所。もとむら。

ほんごう【本郷】

◇ 東京都文京区の南東部の地区。旧区名。住宅地。東京大学がある。
東京大学の俗称。

ほんごう【本郷】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都〕本郷(ほんごう)


東京都文京(ぶんきょう)区南東部の文教・住宅地区。旧本郷区が、1947年(昭和22)文京区の一部となった。江戸時代は武家屋敷・寺社が多数あった。南部は中山道沿いの町場として発展、川柳に「本郷もかねやすまでは江戸の内」と詠まれた。「かねやす」は現在の本郷3丁目交差点付近にある商店。東京大学本郷キャンパスがあり、周辺には書店・医療器具店・旅館などが多い。近年はビジネス街化が進む。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

本郷の関連キーワード福島県大沼郡会津美里町川原町甲福島県大沼郡会津美里町瀬戸町奈良県宇陀市大宇陀区本郷福島県大沼郡会津美里町福島県いわき市瀬戸町甲山口県岩国市本郷町本郷歌川豊国(2代)群馬県藤岡市本郷東京都文京区本郷本郷(東京都)会津本郷[町]本郷(広島県)会津本郷〈町〉本郷(福島県)本郷高等学校東京都文京区本郷[村]哲多[町]馬場善九郎本郷〈町〉

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本郷の関連情報