内外綿会社(読み)ないがいわたかいしゃ

世界大百科事典 第2版の解説

ないがいわたかいしゃ【内外綿会社】

中国における日本資本紡績業(在華紡)の代表的存在。1887年8月大阪の繰綿問屋4店を中心に創立(資本金50万円)され,国産綿のほかタタ商会と提携してインド綿,アメリカ綿を取り扱った。三大綿花商社の一つであったが,日露戦争後には産地直買いの動きに立ち遅れて綿商業を縮小し,大阪撚糸(1903),日本紡織(1905)を買収して紡績業に進出した。中国での綿関係品商業の経験を前提に,大陸進出論者川邨(かわむら)利兵衛取締役の主唱によって1911年上海に第3工場(2万錘)を建設し,工場新設による在華紡の嚆矢(こうし)となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android