コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

在華紡 ざいかぼう

5件 の用語解説(在華紡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

在華紡
ざいかぼう

日露戦争後本格化した日本の海外投資の中心的存在で,在中国の紡績工業。日本の在華紡の始りは 1909年内外綿株式会社の上海進出であるが,上海紡績,日華紡織がそれに続き,さらに東洋紡,富士紡,鐘紡などが次々に進出。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

在華紡【ざいかぼう】

日本の紡績資本が中国各地に建設した紡績工場。第1次大戦を契機に上海(シャンハイ)・青島(チンタオ)・天津(テンシン)などに建設,大正末期には15社を数えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ざいかぼう【在華紡】

中国において日本資本が経営した紡績業。三井物産上海支店が1902年興泰紗廠買収を主導してこれを上海紡績に改組し,その経営を引き受けたのをはじめとして,11年にはやはり商社の内外綿会社が上海に工場を建設して進出した。第1次世界大戦で巨額の利潤を蓄積した紡績会社は,賃金コスト上昇による太糸輸出の困難化という状況の下で,19年の中国綿糸布輸入関税引上げと国際労働機関(ILO)による深夜業禁止の不可避化とを契機に,大日本紡績,東洋紡績(のち裕豊紡績として独立),鐘淵紡績(子会社上海製造絹糸)などの有力各社が相次いで上海,青島に進出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ざいかぼう【在華紡】

第二次大戦前、日本の紡績資本によって中国に設立された紡績工場。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

在華紡
ざいかぼう

中国において日本資本が経営した紡績業。三井物産が1902年(明治35)上海(シャンハイ)紡績会社に一部出資してその経営を引き受けたのが最初で、11年にはやはり商社の内外綿が上海に工場を建設した。第一次世界大戦で巨額の利潤を蓄積した紡績会社は、賃金コスト上昇による綿糸輸出の困難化という情勢の下で、大日本紡、東洋紡(のち裕豊(ゆうほう)紡として独立)、鐘淵(かねがふち)紡(子会社上海製造絹糸)など有力各社が相次いで上海、青島(チンタオ)に進出した。在華紡投資額は、「満州」を除く中国関内への直接事業投資の29%を占めるに至った(1930)。在華紡は日本式経営を持ち込んで民族資本紡を圧倒したが、25年(大正14)の五・三〇事件などでは排日運動の標的となった。30年代には日本軍の華北進出に呼応して天津(てんしん/ティエンチン)にも進出し、日中戦争が始まると、日本軍の接収した民族資本紡の経営をも引き受けて中国綿業を支配したが、敗戦によって全設備を中国側に接収されて消滅した。[高村直助]
『高村直助著『近代日本綿業と中国』(1982・東京大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の在華紡の言及

【繊維工業】より

…大手会社では大戦中に得た資本蓄積をさまざまな形で投資した。まず第1に,生産コストの低い中国への資本進出を行い,現地紡績会社(在華紡)を設立した。第2に,新鋭機械の導入や作業の標準化による生産合理化,あるいは安価な綿花の大量買付けや混綿操作などを通して,生産コストを引き下げた。…

【紡績業】より

…大紡績は21年末以降5年余の間,中小紡績会社の要請にもかかわらず操短を行わせず業界の整理を図り,1920年代の買収・合併・解散・減資社数は40を超えた。 第1次大戦を契機とする賃金上昇の結果,賃金コストが上昇して太糸の輸出競争力が低下すると,大紡績を中心とする有力紡績会社は,中国に資本を輸出して紡績業を営む(在華紡)とともに,国内では細糸・綿布・加工綿布の生産増強に努め,さらに豊富な資金力をもって人絹工業などにも進出した。1929年7月からの工場法改正による深夜業(夜10時~朝5時)の禁止が迫ると,〈標準動作〉の採用,電動機・ハイドラフト紡績機・自動織機など最新設備の導入によって合理化を進め,昭和恐慌を機に人員整理と賃金引下げを断行してコスト低下を実現した。…

※「在華紡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

在華紡の関連キーワード講座派自己資本と銀行の自己資本比率規制阪本栄一守屋典郎エムビーエー(MBA)湖南財閥内外綿会社日本資本主義分析日本資本主義発達史研究綿糸紡績業

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

在華紡の関連情報