コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内外金利差 ないがいきんりさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内外金利差
ないがいきんりさ

国内金利と海外金利との差。国際的な資金の移動に大きな影響力を持つ。たとえば日本の金利が海外より低くなれば,日本で債券などを買って資金を運用していた投資家は,より高い金利を求めて海外へ資金を移動させようとする。他方,国内の貿易業者は,輸出入に必要な資金を国内の円で賄おうとするようになり,いわゆる円シフトが起こる。日本の金利のほうが高くなれば逆の現象が起こる。通常,内外金利差を比較するにはコール・レートとユーロダラー・レート,事業債発行利回りとアメリカ社債市場利回りなどを使う場合が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

内外金利差の関連キーワードアセット・アプローチ理論フロー・アプローチ外国為替相場金利裁定取引金利平価説金利裁定国際債

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android