内山 貞三郎(読み)ウチヤマ テイザブロウ

20世紀日本人名事典の解説

内山 貞三郎
ウチヤマ テイザブロウ

大正・昭和期のドイツ文学者 元・大阪大学教授;元・阪神ドイツ文学会会長。



生年
明治29(1896)年3月4日

没年
昭和51(1976)年10月2日

出生地
新潟県柏崎

学歴〔年〕
東京帝大文科大学独文学科〔大正9年〕卒

学位〔年〕
文学博士

経歴
山口高等学校、姫路高等学校、第三高等学校各教授を経て昭和24年大阪大学教授となった。34年退官し、41年まで関西大学教授、50年まで京都外国語大学教授を歴任した。その間、阪神ドイツ文学会会長、日本独文学会阪神支部長を務めた。ドイツ戯曲研究の権威。著書に「中世独乙演劇史」「シラーと独乙文化」「工匠詩人ハンス・ザックスとその舞台」「バロック時代の先駆者たち」「アンドレーアス・グリュフィウス―その生涯と業績」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android