コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内水面養殖業 ないすいめんようしょくぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内水面養殖業
ないすいめんようしょくぎょう

河川や湖沼を利用して行う養殖業。一般には淡水養殖業と同義語に使用される場合があるが,内水面養殖業には鹹水湖 (湖水1l中 0.5g以上の無機塩類を含む) なども含まれるために厳密には同一ではない。内容的には食用魚と観賞魚の2つの養殖がある。食用魚養殖はうなぎ 40%,こい 17%,ます 20%の3種類で全体の8割近くを占める。近年は米作転換の影響で農家の間で水田養魚熱が高まり,どじょう,こいの養殖が盛んになっている。 1990年の食用魚養殖の収穫量は9万 7000t。一方,観賞魚養殖は近年ブームの観を呈しており,奈良,愛知,茨城,宮城,埼玉,広島,新潟,大阪の8府県が主産地で全国の4分の3を占めている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

内水面養殖業の関連キーワード内水面漁業

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内水面養殖業の関連情報