コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内海三貞 うつみ さんてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内海三貞 うつみ-さんてい

1868-1919 明治-大正時代のセメント技術者。
明治元年生まれ。農商務省勤務をへてセメント業界にはいる。セメントの製法をイギリス風の湿式からドイツ風の乾式にあらため,明治26年耐海水性ポルトランドセメントを考案。日本コンクリート工業社長をつとめた。大正8年8月6日死去。52歳。大阪出身。帝国大学卒。晩年清水に改姓。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

内海三貞の関連キーワード清水三貞

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android