内田俊一(読み)うちだ しゅんいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内田俊一 うちだ-しゅんいち

1895-1987 昭和時代の化学工学者。
明治28年12月3日生まれ。東京工業試験所などをへて,昭和7年東京工業大教授。15年日本初の化学工学科を同大にもうけ,初代主任。27年学長。相模(さがみ)中央化学研究所理事長などもつとめた。硝酸合成法の開発で知られる。59年文化功労者。昭和62年12月19日死去。92歳。岡山県出身。東京帝大卒。著作に「エンジニヤの道」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android