コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内田貞音 うちだ・ていおん

朝日日本歴史人物事典の解説

内田貞音

没年:大正7.4.17(1918)
生年:文化11.11.13(1814.12.24)
明治大正時代の尼。江戸(東京)日本橋生まれ。父は内田甚吉。幼時に生家が焼失したため,両国の祖父母のもとで養育され,観音信仰の影響を受ける。元治1(1864)年,福田行誡のもとで出家し,徳子を貞音と改める。明治13(1880)年より,順教徹定と共に鹿児島布教を行い,同16年,鹿児島市小松原町に布教所を設立し浄土宗布教の拠点とする。輪島聞声が京都・知恩院の境内に尼衆教場を設立すると,同21年の開校式のあとを聞声より承けて初代監督兼教授に就任,大阪・大宝寺内に尼衆教場の支校を開設。生涯尼僧教育に尽くした。<参考文献>『浄土宗尼僧史』

(岡村喜史)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

内田貞音の関連キーワード牧野省三ドイツ革命ハート(William S. Hart)第1次世界大戦アゼルバイジャン共和国米騒動デミル(Cecil Blount De Mille)フォード(John Ford(1895―1973))芥川龍之介アポリネール

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone