コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内田貞音 うちだ・ていおん

1件 の用語解説(内田貞音の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

内田貞音

没年:大正7.4.17(1918)
生年:文化11.11.13(1814.12.24)
明治大正時代の尼。江戸(東京)日本橋生まれ。父は内田甚吉。幼時に生家が焼失したため,両国の祖父母のもとで養育され,観音信仰の影響を受ける。元治1(1864)年,福田行誡のもとで出家し,徳子を貞音と改める。明治13(1880)年より,順教徹定と共に鹿児島布教を行い,同16年,鹿児島市小松原町に布教所を設立し浄土宗布教の拠点とする。輪島聞声が京都・知恩院の境内に尼衆教場を設立すると,同21年の開校式のあとを聞声より承けて初代監督兼教授に就任,大阪・大宝寺内に尼衆教場の支校を開設。生涯尼僧教育に尽くした。<参考文献>『浄土宗尼僧史』

(岡村喜史)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内田貞音の関連キーワード中山孝麿お江戸日本橋秋乕太郎内田貞音尼川崎栄助近藤利兵衛下啓助谷野格宮田哲雄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone