コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内蔵縄麻呂(読み)くらの なわまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内蔵縄麻呂 くらの-なわまろ

?-? 奈良時代の官吏,歌人。
天平(てんぴょう)17年(745)ごろ大蔵少丞(おおくらのしょうじょう)。19年越中介(えっちゅうのすけ)として赴任,守(かみ)大伴家持(おおともの-やかもち)らと酒宴や遊覧につどい,歌をよんだ。そのときの4首と,家持が縄麻呂の歌に和した4首が「万葉集」にのる。天平勝宝5年(753)には造東大寺司の判官(じょう)の任にあった。名は「ただまろ」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android