コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤其淵 ないとう きえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤其淵 ないとう-きえん

?-? 江戸時代後期の画家。
大和(奈良県)興福寺の修南院につかえる。菊谷葛陂(かっぱ)にまなび,鹿をえがくことにすぐれた。天保(てんぽう)(1830-44)のころ樽井町小刀屋という旅館の前に鹿図の衝立屏風(ついたてびょうぶ)をたてたところ,牡鹿がこれを本物とおもい,衝立にとびこんだという。大和出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone