コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤政憲 ないとう まさのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤政憲 ないとう-まさのり

1848-1919 明治時代の大名。
弘化(こうか)5年2月17日生まれ。大炊御門家孝(おおいみかど-いえたか)の子。丹波山家(やまが)藩(京都府)藩主谷衛滋(もりしげ)の養子であったが,戊辰(ぼしん)戦争後内藤政養(まさやす)の養子となり,明治2年磐城(いわき)湯長谷(ゆながや)藩(福島県)藩主内藤家14代。4年廃藩。大正8年3月24日死去。72歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

内藤政憲の関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))一八四八年の革命グリフィス石英岩ビダー牧野省三デミル(Cecil Blount De Mille)ドライヤー(デンマークの映画監督)反戦運動ルビッチ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android