内藤東甫(読み)ないとう とうほ

美術人名辞典の解説

内藤東甫

江戸後期の画家・尾張藩士。名は正参また正誠。別号に等甫・千里・是琴・好々舎・薜茘園・泥江隠士等。狩野派の絵を能くした。天明8年(1788)61才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤東甫 ないとう-とうほ

1728-1788 江戸時代中期の武士,画家。
享保(きょうほう)13年生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士。狩野(かのう)派の絵をよくし,横井也有(やゆう)と合作した。書,歌にもすぐれる。天明8年8月5日死去。61歳。名は正参。字(あざな)は別に等甫。通称は浅右衛門。号は閑水,朽庵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android