コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀山の仇討物 かめやまのあだうちもの

世界大百科事典 第2版の解説

かめやまのあだうちもの【亀山の仇討物】

人形浄瑠璃・歌舞伎狂言の一系統。1701年(元禄14)5月9日に伊勢亀山で石井半蔵・源蔵の兄弟が父の仇赤堀水右衛門を28年ぶりに討ち果たした話は〈元禄曾我〉といわれて有名だった。これを脚色した浄瑠璃は,大坂では《道中評判敵討》(1段。1702年竹本座初演。近松門左衛門作という説がある),近松半二作《道中亀山噺》(8段。1778年7月北西の芝居初演),司馬芝叟作《敵討優曇華亀山(かたきうちうきぎのかめやま)》(1794年10月竹本岡太夫座初演),江戸では三冬庵自在作《往昔模様亀山染(むかしもようかめやまぞめ)》(11段。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

亀山の仇討物の関連キーワード人形浄瑠璃

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android