コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀山の仇討物 かめやまのあだうちもの

1件 の用語解説(亀山の仇討物の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かめやまのあだうちもの【亀山の仇討物】

人形浄瑠璃歌舞伎狂言の一系統。1701年(元禄14)5月9日に伊勢亀山で石井半蔵・源蔵の兄弟が父の仇赤堀水右衛門を28年ぶりに討ち果たした話は〈元禄曾我〉といわれて有名だった。これを脚色した浄瑠璃は,大坂では《道中評判敵討》(1段。1702年竹本座初演。近松門左衛門作という説がある),近松半二《道中亀山噺》(8段。1778年7月北西の芝居初演),司馬芝叟作《敵討優曇華亀山(かたきうちうきぎのかめやま)》(1794年10月竹本岡太夫座初演),江戸では三冬庵自在作《往昔模様亀山染(むかしもようかめやまぞめ)》(11段。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

亀山の仇討物の関連キーワード浅野長矩キッド浅野長矩浅野長矩フェリペ[5世]浅野長矩浅野長矩高田藩アイフル安東省庵

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone