コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤虎次郎 ないとうとらじろう

2件 の用語解説(内藤虎次郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内藤虎次郎
ないとうとらじろう

[生]慶応2(1866).7.18. 秋田
[没]1934.6.26. 京都
東洋史学者。号,湖南。秋田県立師範学校卒業後上京し,初め雑誌『日本人』の編集に従い,のち『大阪朝日新聞』『台湾日報』の記者として活躍,1898年『万朝報』の主筆,1907年京都大学東洋史学教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤虎次郎 ないとう-とらじろう

内藤湖南(ないとう-こなん)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の内藤虎次郎の言及

【内藤湖南】より

…東洋史学者。秋田県鹿角郡毛馬内(けまない)町(現,鹿角市)の儒者の家に生まれる。名は虎次郎,湖南はその号。県立秋田師範学校を卒業,小学校教師を約1年,ついで上京して仏教雑誌《明教新誌》の編集者,三宅雪嶺らの政教社の《日本人》の編集者,《大阪朝日新聞》記者,《台湾日報》主筆,再び朝日にかえって論説担当など,40歳まではもっぱらジャーナリズム界で活躍したが,その間も中国の学術全般についての研究を深め,ことに日本の中国学研究が旧来のいわゆる漢学でなく,清朝風な実証学でなければならぬことを確信し提唱。…

※「内藤虎次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

内藤虎次郎の関連キーワード大倉袖蘭町尻量弘長生阿部宗兵衛三枝刑部鈴木島吉富井於菟戸次彦之助水野忠弘山田鵬輔

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内藤虎次郎の関連情報