コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤虎次郎 ないとうとらじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内藤虎次郎
ないとうとらじろう

[生]慶応2(1866).7.18. 秋田
[没]1934.6.26. 京都
東洋史学者。号,湖南。秋田県立師範学校卒業後上京し,初め雑誌『日本人』の編集に従い,のち『大阪朝日新聞』『台湾日報』の記者として活躍,1898年『万朝報』の主筆,1907年京都大学東洋史学教授。中国史の研究,敦煌文書調査など史料採訪を行なった。学士院会員。著書『支那絵画史』 (1938) ,『支那史学史』 (49) ,『日本文化史研究』『近世文学史論』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の内藤虎次郎の言及

【内藤湖南】より

…東洋史学者。秋田県鹿角郡毛馬内(けまない)町(現,鹿角市)の儒者の家に生まれる。名は虎次郎,湖南はその号。県立秋田師範学校を卒業,小学校教師を約1年,ついで上京して仏教雑誌《明教新誌》の編集者,三宅雪嶺らの政教社の《日本人》の編集者,《大阪朝日新聞》記者,《台湾日報》主筆,再び朝日にかえって論説担当など,40歳まではもっぱらジャーナリズム界で活躍したが,その間も中国の学術全般についての研究を深め,ことに日本の中国学研究が旧来のいわゆる漢学でなく,清朝風な実証学でなければならぬことを確信し提唱。…

※「内藤虎次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

内藤虎次郎の関連キーワード内藤 湖南小島祐馬満文老檔内藤湖南朝日新聞岡崎文夫満州実録こなん書誌学章学誠

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android