コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶応 ケイオウ

大辞林 第三版の解説

けいおう【慶応】

年号(1865.4.7~1868.9.8)。元治の後、明治の前。孝明・明治天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

けいおう【慶応】

日本の元号(年号)。江戸時代の1865年から1868年まで、孝明(こうめい)天皇の代の元号。前元号は元治(げんじ)。次元号は明治。1865年(元治2)4月7日改元。兵革(前年の京都騒擾(そうじょう)と大火、内外国難など)の凶事を断ち切るために行われた。『文選(もんぜん)』を出典とする命名。慶応年間の江戸幕府の将軍は徳川家茂(いえもち)(14代)、徳川慶喜(よしのぶ)(15代)。1867年(慶応3)10月14日、幕府から朝廷に対し大政奉還の上奏が行われ、10月24日に徳川慶喜は征夷大将軍職の辞任を申し出た。薩摩藩を中心とした倒幕派は、12月9日にクーデターにより朝廷を掌握して王政復古の大号令を発した。翌1868年(明治1)1月3日、京都南郊で新政府軍と旧幕府軍との間に戦闘が起こり(鳥羽・伏見の戦い)、全国に波及。一連の戦いを戊辰(ぼしん)戦争と呼んでいる。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

慶応の関連キーワード嵐芳三郎(初代)賀陽宮好子妃殿下奥羽越列藩同盟澤山人澤山クーデター太政官日誌松ケ谷天長京都守護職河瀬幸子奥村恭法田中松斎大倉袖蘭町尻量弘浦上崩れバーサス徳川家茂王政復古大政奉還徳川慶喜陸軍奉行

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

慶応の関連情報