コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤錦城 ないとう きんじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤錦城 ないとう-きんじょう

城山三郎の小説「総会屋錦城」の主人公。
わかいころは「人斬り錦之丞」とよばれた総会屋の元老で古風な人情家。大洋銀行の株主総会で病をおして逆転劇を画策,無理がたたって危篤におちいり,家をでた一人娘を気づかいながら死ぬ。小説は昭和33年「別冊文芸春秋」に発表され,直木賞を受賞。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

内藤錦城の関連キーワード城山三郎

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android