コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤錦城 ないとう きんじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤錦城 ないとう-きんじょう

城山三郎の小説「総会屋錦城」の主人公。
わかいころは「人斬り錦之丞」とよばれた総会屋の元老で古風な人情家。大洋銀行の株主総会で病をおして逆転劇を画策,無理がたたって危篤におちいり,家をでた一人娘を気づかいながら死ぬ。小説は昭和33年「別冊文芸春秋」に発表され,直木賞を受賞。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

内藤錦城の関連キーワード城山三郎

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android