コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内見会

流通用語辞典の解説

内見会

問屋などが中元セールや歳暮セールに先立って、一般客とは別に大口顧客などを対象にして開くセールのこと。メーカーなどでは新製品発表を兼ねて、特約店などの優良販売店を招待し、優先受注などを受けることもある。最近では、販売不振を打開するために内見会が乱発される傾向があり、本来の意味での特定顧客を対象としたものが少なくなってきている。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について | 情報

内見会の関連キーワード次世代タクシー問屋

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内見会の関連情報