コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内部利益 ないぶりえき unrealized profit on intercompany transactions

1件 の用語解説(内部利益の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内部利益
ないぶりえき
unrealized profit on intercompany transactions

内部振替利益ともいう。原則として本店,支店,事業部などの企業内における独立採算制によって構成された部門組織相互間の内部取引から生じる利益をいう。企業内の部門相互間で原材料,部品,半製品,製品,商品,サービスの授受があった場合,それらの振替価格を原価で行うのではなく,一定の利益をプラスして行い,それによって各部門は経理的には1個の独立した企業と同じ状況におかれ,各部門ごとの損益の計算が可能となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内部利益の関連キーワード本店税引前当期利益当期利益大利は利ならず汚染者負担の原則利益原則キャピタル・ゲイン(Capital gain)架空利益去状本店・支店

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内部利益の関連情報