内部利益(読み)ないぶりえき(英語表記)unrealized profit on intercompany transactions

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内部利益
ないぶりえき
unrealized profit on intercompany transactions

内部振替利益ともいう。原則として本店,支店,事業部などの企業内における独立採算制によって構成された部門組織相互間の内部取引から生じる利益をいう。企業内の部門相互間で原材料,部品,半製品,製品,商品,サービスの授受があった場合,それらの振替価格を原価で行うのではなく,一定の利益をプラスして行い,それによって各部門は経理的には1個の独立した企業と同じ状況におかれ,各部門ごとの損益の計算が可能となる。内部利益は企業内での業績管理のために設定されるものであるから,期末決算時に内部利益を付加された製品,商品が外部に販売されない場合は,含められた内部利益は控除しなければならない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内部利益の関連情報