原価(読み)げんか

デジタル大辞泉の解説

げん‐か【原価/元価】

利益を含めていない仕入れ値段。もとの値段。もとね。「―を割って売る」
(原価)商品の製造・販売などに要した財貨用役の消費を、単位当たりに計算した価。コスト。「―を抑える」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

げんか【原価 costs】

企業会計の重要な一分野を構成する原価計算では,企業経営者に役立つ会計情報を提供するために,企業活動の部分単位ごとに,経済的資源の投入額とそれから生ずる産出額との比較計算を行う。工場を例にとれば,原材料,労働力,機械・設備,電力,ガス,水道などの経済的資源を生産工程に投入し,それらを消費して,製品という産出物を得る。この場合,経営学や会計学では,生産活動の成果としての産出物を経営給付と呼び,経営給付を得るために必要な経済的資源の投入額を原価と呼んでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原価
げんか
cost英語
Kostenドイツ語

一般の社会では、物品の仕入れ値段とか製造に要した費用を意味する「もとね」をいうことが多い。経済社会における専門用語としては、企業などの経済主体が行う目的志向的な行動に関連して把握される経済的な価値犠牲をいう。したがって原価概念は、偶発的な価値喪失である損失概念と区別される。また固有の意味の原価は、収益との対応概念である費用概念とも区別されるべきである。このような価値犠牲の測定は、通常は、損益計算や採算計算などのために必要とされるものであるから、貨幣単位によって表現される。現代の原価計算理論および実践では、簿記機構と結合して常時継続的に実施される「原価計算制度」と、主として経営意思決定のために随時自発的に行われる「特殊原価調査」とを区別している。日本の「原価計算基準」では、原価計算制度における原価の一般概念を、「原価とは、経営における一定の給付にかかわらせて、把握された財貨または用役の消費を貨幣価値的に表したものである」と定義している(1962年に大蔵省の企業会計審議会が公表。企業会計審議会は2001年に金融庁に移管)。ここでの原価は、主として製造原価、販売原価、購入原価、一般管理原価であり、利子などの財務費用は非原価である。これに対して、特殊原価は、元来、将来の経営活動に関する意思決定のために用いられる原価概念であるから、意思決定原価とも称され、未来原価の特徴をもつ。また具体的には、当該意思決定の関連原価でなければならないから、差額原価によって表示される。さらに測定値としては、機会原価などが利用される。[東海幹夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の原価の言及

【原価管理】より

…原価データの標準値や実際値を手がかりにしながら,全社的な原価引下げ計画との照応において,主として製造活動に対する各管理者の執行活動を計数的,間接的に統制する一連の手続。予算管理とともに,管理会計の代表的な適用領域である。…

※「原価」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

原価の関連情報