コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内部潮汐 ないぶちょうせきinternal tide

1件 の用語解説(内部潮汐の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内部潮汐
ないぶちょうせき
internal tide

海洋では鉛直方向に密度が変化するため,何らかの力を与えられると,内部で振幅が最大になる波 (内部波) が存在しうる。この内部波のうち半日や1日周期のものを特に内部潮汐と呼ぶ。観測していると,潮汐周期を持つ内部波が卓越することが多いので,特に名前がつけられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の内部潮汐の言及

【潮汐】より

…この波による海水の運動は海底にまで及び,この海水運動の速度,すなわち潮流の速度は,海面から海底近くまで,あまり変化しないとみられる。このように海面の昇降に伴う圧力の変化が海底にまで達する表面潮汐に対し,海面はほとんど昇降せず,海水内部に生じた海水密度の不連続面が大きく昇降する潮汐を内部潮汐という。内部潮汐は表面潮汐によって起こされるとみられるが,どこででも起こるわけではなく,その生起には,例えば海底地形が急激に変化する海域において,海水の密度が鉛直方向に変化しているなどの条件が必要である。…

※「内部潮汐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone