コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内野聖陽 うちのせいよう

知恵蔵miniの解説

内野聖陽

俳優。1968年9月16日、神奈川県生まれ。本名は内野聖陽(うちのまさあき)。早稲田大学在学中の92年、文学座附属演劇研究所に入所。96年にNHKの連続テレビ小説「ふたりっ子」、97年にフジテレビの連続テレビドラマ「ミセスシンデレラ」に出演。文学座の座員となり、他劇団主宰の舞台にも多数出演。2000年には「エリザベート」(東宝)で初のミュージカル出演を果たす。03年、NHK金曜時代劇「蝉しぐれ」で主役の牧文四郎を演じ、放送文化基金賞番組部門出演者賞とモンテカルロ・テレビ祭の主演男優賞を受賞した。11年末、文学座を退団し、個人事務所を設立。13年、芸名の読み方を本名と同じ「まさあき」から読みやすい「せいよう」へと改名した。私生活では、元宝塚歌劇団雪組トップスターで女優の一路真輝と07年に入籍し、1女をもうけたが、11年に離婚している。

(2013-9-9)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

内野聖陽の関連キーワードラブジェネレーション10年先も君に恋してゴンゾウ 伝説の刑事昨日の敵は今日の友エースをねらえ!不機嫌なジーン秘太刀 馬の骨海難1890JIN臨場 続章クヒオ大佐風林火山(ハル)とんび黒い家街角臨場

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内野聖陽の関連情報