コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

再帰呼(び)出し サイキヨビダシ

デジタル大辞泉の解説

さいき‐よびだし【再帰呼(び)出し】

recursive call》プログラミング技法の一。コンピューターのプログラムを実行中に、あるルーチンや関数が自分自身を呼び出して実行すること。無限に自分自身を呼び出さないよう、正常に機能させる手続きを必要とする。階乗フィボナッチ数列の計算などに利用される。リカーシブコール。→再帰関数再帰プログラム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

再帰呼(び)出しの関連キーワードコール(金融用語)帰納的関数コールレートstation callティム パワーズ再帰関数再帰プログラムテューリング機械CRMコール市場

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android