コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

写真マーキング しゃしんマーキングphoto-marking; optical marking

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

写真マーキング
しゃしんマーキング
photo-marking; optical marking

写真罫書 (けがき) 法,EPM 罫書法,フォトマーキンともいう。造船の作業中,写真機と投影機を使って鋼板に罫書する方法。図面を原寸大に拡大して,型,定規などをつくる現図作業をやめて,1/5~1/10の縮尺で書いた図面を写真に撮り,1/100程度のネガティブフィルムとし,これを投影機にかけて,罫書台上の鋼板に原寸法に拡大投影する。その光の線をたどって加工に必要な線を引いたり,鋼板上に感光剤を塗っておいて焼付けたりする。この方法によると,現図作業よりも,罫書が速くでき,特に同型船を建造するときに能率がよい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

写真マーキングの関連キーワードエチレン・プロピレンゴムアンミカエチレン・プロピレンゴムコード

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android