コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

罫書(き)/罫描(き) ケガキ

デジタル大辞泉の解説

け‐がき【×罫書(き)/×罫描(き)】

[名](スル)工作物をつくるとき、部材寸法やリベット穴の位置などを、書き針などを使って書き入れること。型取り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

罫書【けがき】

機械加工または手仕上げする工作物に,加工のための目安となる点や線を罫書針,トースカンなどで印づける作業。罫書面に胡粉(ごふん),白墨,光明丹,青竹などを塗って罫書線を見やすくする。
→関連項目ジグ定盤ポンチ(工具)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けがき【罫書 marking‐off】

機械加工あるいは手仕上げされる工作物に,取代(とりしろ)部分を決めるための目安となる点を打ったり線を引いたりして,所定の形状に加工できるように準備する作業。製缶作業における板取り,位置決めも罫書作業である。罫書は,施すべき加工の順序,基準となる点や面を頭の中に入れて作業を進めねばならないので,高度の工作図面読解力と加工に関する広い知識,経験が必要である。罫書面にはその材質や面の状況に応じて,ご(胡)粉,白黒,青竹と呼ばれる染料などを塗って,罫書線が見やすいようにする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

罫書(き)/罫描(き)の関連キーワード罫書き・罫描きポンチ(工具)写真マーキングV ブロック高さゲージポンチ造船所けがき薬研台造船

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android