冨田 恒男(読み)トミタ ツネオ

  • 冨田 恒男 (とみた つねお)

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の生理学者 慶応義塾大学名誉教授;エール大学名誉教授;聖マリアンナ医科大学客員教授。



生年
明治41(1908)年10月8日

没年
平成3(1991)年6月23日

出身地
愛知県岡崎市

学歴〔年〕
慶応義塾大学医学部〔昭和7年〕

学位〔年〕
医学博士〔昭和11年〕

主な受賞名〔年〕
紫綬褒章〔昭和47年〕,藤原賞(第15回)〔昭和49年〕「網膜における情報処理機構の研究」,日本学士院賞〔昭和50年〕,プロクター賞(米国)〔昭和50年〕,勲二等瑞宝章〔昭和53年〕,フォンサルマン賞〔昭和59年〕

経歴
昭和25年東京女子医大教授を経て、32年慶大教授。44年医学部長、45年名誉教授。同年聖マリアンナ医大教授、49年エール大学眼科教授、52年名誉教授。60年学士院会員。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1908年10月8日
昭和時代の生理学者。慶応義塾大学教授;エール大学教授
1991年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android