コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冴え勝る サエマサル

デジタル大辞泉の解説

さえ‐まさ・る【×冴え勝る】

[動ラ四]
寒さがいっそう厳しくなる。一段と冷え込む。
「冬の夜の―・るかな」〈万代・六〉
月の光などがいっそう澄んで見える。
「秋の夜や天の川瀬は氷るらむ月の光の―・るかな」〈千載・秋上〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さえまさる【冴え勝る】

( 動四 )
冷たさがまさってくる。 「ひとりぬる我が衣手ぞ-・りける/古今 恋二
いっそう冴えてくる。澄み渡る。 「あまの川瀬は氷るらむ月の光の-・るかな/千載 秋上

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone