コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原道経 ふじわらの みちつね

1件 の用語解説(藤原道経の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原道経 ふじわらの-みちつね

1060ごろ-? 平安時代後期の歌人。
康平3年ごろ生まれ。藤原顕綱の子。長治(ちょうじ)元年から保延(ほうえん)4年にかけておおくの歌合わせに参加。「藤原忠通家歌合」の主要歌人のひとり。保延4年以後に出家し,その数年後に80歳ちかくで没したといわれる。歌は「金葉和歌集」などの勅撰集に20首ある。法名は蓮寂。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

藤原道経の関連キーワード因幡小弐素覚登蓮肥後(1)藤原敦隆源顕仲女頼増隆源(1)