コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冶金学 ヤキンガク

デジタル大辞泉の解説

やきん‐がく【冶金学】

冶金原理・方法・技術などを研究する学問

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やきんがく【冶金学】

冶金の原理や技術を研究する学問。金属工学の一分野。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の冶金学の言及

【鉄】より

… さて鉄の技術と用途の発展に呼応したのが鉄の科学の進歩である。16世紀のイタリアのビリングッチョの《デ・ラ・ピロテクニア(火の技術または火工術)》,G.アグリコラの《デ・レ・メタリカ》に始まる冶金学は,17世紀に一休みしたのち,18世紀に大発展を遂げる。まずスウェーデンではE.スウェーデンボリの《デ・フェロ》,ポーレムC.Pohlem(1661‐1751)の《愛国遺言》,リンマンS.Rinman(1720‐92)の《鉄の歴史(鉄誌または鉄学)》などの優れた冶金学書が生まれた。…

※「冶金学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

冶金学の関連キーワードロバート・A. ハッドフィールドウィリアム ヒューム・ロザリーアブドル・カディール カーンT.J.ルドルフ クニーチJ.H.L. フォークトウイリアム オースティンアルフレッド ウィルムデ・レ・メタリカル・シャトリエ渡辺 芳太郎デレメタリカ西村 秀雄岩瀬 慶三ガウランド井出 健六チェルノフケムニッツ吉川 晴十大石 源治斎藤 大吉

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android