コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷却の法則 れいきゃくのほうそく

大辞林 第三版の解説

れいきゃくのほうそく【冷却の法則】

物体が表面からの熱放射で単位時間に失う熱量は、物体と周囲の温度差に比例するという法則。温度差が小さいときの近似法則。ニュートンの冷却の法則。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

法則の辞典の解説

冷却の法則【law of cooling】

(1) 輻射(放射)による冷却法則物体の温度を T,周囲の壁の温度を T0 としたとき,物体の表面が単位面積,単位時間に失う熱エネルギーはシュテファン‐ボルツマンの法則*から H=σ(T4T04)で与えられる(σ は物体自身と周辺の壁の性質で定まる定数である).物体の質量を m,表面積を A,比熱を C としたとき,単位時間に冷却する温度差 θ は次の式で与えられる.

T,すなわち TT0T に比べて小さい場合には,(T4T04)=4T03T と近似できるから

となる.つまり冷却速度は温度差に比例するというニュートンの冷却の法則*が導かれる.

(2) 対流による冷却の法則.ローレンツによると物体が静かな空気中に放置された場合,冷却の速さは物体と周囲との温度差の5/4に比例する.実測では1.3乗に比例するというデータのほうが多い.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

冷却の法則の関連キーワードニュートン指数法則熱放射熱量