冷飯を食う(読み)ひやめしをくう

精選版 日本国語大辞典の解説

ひやめし【冷飯】 を 食(く)

① つめたい飯を食う。冷御飯を食べる。
※夜話荘治(1782)三「急にせがみて、冷飯(ヒヤメシ)一膳食(ク)った」
② 冷遇される。
※洒落本・一騎夜行(1780)三「松風のの飾り道具と成り石見銀山も是が為にお冷飯(ヒヤメシ)を喰ふ」
③ いそうろうをする。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android