コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

居候 いそうろう

5件 の用語解説(居候の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

居候
いそうろう

無能なやっかい者をもさすが,通常他人の家に寄食する者をいう。同居人の一種。「やか」 (家にいる) がやっかいに転じた。江戸時代公文書に,縁者でも正式の雇用人でもない同居者を「だれそれの家に居候」と肩書きされたのが始り。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

い‐そうろう〔ゐさうらふ〕【居候】

[名](スル)《近世の公文書で、同居人を「仁右衛門方居候」などと示したところから》他人の家に世話になり食べさせてもらうこと。また、その人。食客。「叔父の家に居候する」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いそうろう【居候】

日本の伝統的家族の一形態であるは,かつて商家においても農家においても親族以外の成員を含むことが,とくに経営規模が大きく大家族的傾向の顕著な家にしばしば見られた。日本の家族構成において非親族の同居人の占める比率は0.02%(1960),また全世帯のうち非親族を含む世帯の比率は0.1%(1980)ときわめて小さいが,日本の家族構造を理解する上でこれらは重要な意味をもっていた。非親族的成員の多くは契約にもとづく奉公人名子(なご),番頭,丁稚(でつち)などであったが,これ以外にも居候とよぶ同居人がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いそうろう【居候】

( 名 ) スル
他人の家にただでおいてもらうこと。寄食すること。また、その人。食客。 「姉夫婦のところに-している」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

居候
いそうろう

食客、つまり無為な同居人で、厄介(やっかい)も同じ。居候とは「居(お)ります」の意で、近世に同居人を公文書に記す際の肩書に用いたことに始まる。都会には、求めに応じて雇い人を周旋する人入れ稼業がおこり、常時多数の同居人を抱える者があった。この種の同居人が食客のイメージを形成したが、農村ではかならずしも同じではなかった。当時、大規模な農業を行う旧家、大家では、名子(なご)、下人(げにん)などの奉公人だけでなく、一時的、あるいは半永久的な同居人を擁して労力の補充にあてなければならなかったのである。岩手県では居候をカタリトとよぶ。カタルとは共同する、参加することを意味し、労働組織の一員に加わるのがカタリトの原義であった。近畿地方では広くケンナイド、ケナイドが食客をさす語である。このケは晴(はれ)に対する褻(け)のことで、普段づきあいの人、つまり身内がケンナイドで、元来食客だけをいう語ではなかった。近世中期以降、大農経営が衰えて小さな家が分立するとともに、居候による労力提供の必要が失われ、その存在意義が薄れた。[竹田 旦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の居候の言及

【食客】より

…日本では他人の家に寄食する人,たとえば師匠の家に住みこみ,雑用をしながら食事と勉学の機会を与えられている書生などを含めて,ひろく食客という。中国では有力者の門に召しかかえられる寄食者,居候をさし,門客,門下客などともよばれる。春秋戦国時代の社会変動の中から放出された多数の浮動的な士や遊民は,一定の生業をもたないために,個人の才能だけをたよりに有力者に仕えざるをえず,他方,諸侯や貴族も彼らを集めて勢力をのばす必要があった。…

【もてなし】より

…〈まず食物をふるまってから,ものを尋ねよ〉〈パンと塩は盗賊の心も和らげる〉などのことわざはロシア人のもてなしのあり方を示している。ロシア革命前のロシアの貴族や裕福な商人の家庭は絶えず大勢の食客や居候(いそうろう)を抱えているのがつねで,現在に至るまで客好きと歓待はロシア人の民族的特性の一つをなしている。【中村 喜和】
【イスラム社会】
 もてなしは,イスラム教徒の主要な人倫の一つでアラビア語でディヤーファḍiyāfaという。…

※「居候」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

居候の関連キーワード勘当直系家族武道分家国劇インイン型キス&ライド枡席《家族の諸形態と経済の諸形態》生物学的家族

居候の関連情報