上司(読み)ジョウシ

デジタル大辞泉「上司」の解説

じょう‐し〔ジヤウ‐〕【上司】

その人より役職が上位の人。上役。「上司の許可を得る」
その官庁の上級の官庁。
荘園制で、現地で実務にあたる下司げしに対し、在京の荘官。預かりどころ
[類語]目上上長長上先輩先達先学先覚学兄上官上役うわやく
[説] 
2016年に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。2016」キャンペーンでの「上」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆コマの芯棒。歪んでいると全てが万事、円滑に回らない。
燻製カレーさん

◆いるとうざいがいなくても困るもの。
ナイジェルさん

◆仕事上のアドバイザーに徹してほしいが、人生のアドバイザーになりたがる存在。大きなお世話。
まちまるさん

◆良いことも悪いことも教えてくれる、学ばせてくれる存在。仲良くなれば色々得することもある。
chinaさん

◆仏にも鬼にもなりうる存在。
快速準急さん

◆選ぶことはできないが、尻拭いをしてくれたりさせられたりする存在。当たれば天国、はずれれば転職。
梅子さん

◆部下を選ぶことができず、部下もまたその逆の立場である者のこと。
一二三茶さん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「上司」の解説

じょう‐し ジャウ‥【上司】

〘名〙
① 荘官の一つ。荘園領主に代わって、下司(げし)、公文(くもん)などの下級荘官を指揮して、年貢徴収など荘園経営の実際の仕事をした。預所(あずかりしょ)
平戸記‐仁治元年(1240)一一月六日「可寛治定文者、可申上司 是預所也」
② その官庁より上級の官庁。また、官庁や会社で役職が自分よりも上位にある人。自分の属している部署で指図をする人。うわやく。
市制及町村制(明治二一年)(1888)市制・六四条「法律命令又は上司の指令に依て」 〔後漢書‐楊震伝〕

かみつかさ【上司】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「上司」の解説

じょうし【上司】

荘園の経営に当たる上級荘官。下司(げし)に対する呼称で,一般には預所(あずかりどころ)をさす。《平戸記》には〈寛治の定文に依るべくんば,上司と申すべきは是預所也〉とある(ただし,例は少ないが預所を〈中司〉と呼ぶこともある)。上司職ということもあり,1147年(久安3)東大寺政所は大法師覚光を飛驒荘上司職に補任している。上司の史料上の初見は,1024年(万寿1)3月9日の興福寺唯摩会料所の大和国葛上郡菓子御園司解状の署判者に,駿河介賀茂光頼と僧4名が〈上司〉として見えるものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

普及版 字通「上司」の解説

【上司】じようし

上役。

字通「上」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の上司の言及

【下司】より

…〈げす〉ともいう。本来上司(うえつかさ)に対する下司(したつかさ)で,身分の低い官人の意であるが,普通中世荘園において,在京荘官の預所(あずかりどころ)を上司あるいは中司というのに対して,現地にあって公文(くもん),田所,惣追捕使等の下級荘官を指揮し,荘田・荘民を管理し,年貢・公事の進済に当たる現地荘官の長をいう。惣公文と呼ばれることもある。…

【預所】より

…総じて鎌倉後半期から武士の預所化や,預所の武士化がすすむ。なお預所は,在地荘官の下司(げし)に対し,中司または上司と呼ばれることがある。中司は在荘預所,上司は在京預所の場合が多い。…

※「上司」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android