コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上司 ジョウシ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐し〔ジヤウ‐〕【上司】

その人より役職が上位の人。上役。「上司の許可を得る」
その官庁の上級の官庁。
荘園制で、現地で実務にあたる下司(げし)に対し、在京の荘官。預かり所(どころ)。
[補説] 
2016年に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。2016」キャンペーンでの「上司」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆コマの芯棒。歪んでいると全てが万事、円滑に回らない。
燻製カレーさん

◆いるとうざいがいなくても困るもの。
ナイジェルさん

◆仕事上のアドバイザーに徹してほしいが、人生のアドバイザーになりたがる存在。大きなお世話。
まちまるさん

◆良いことも悪いことも教えてくれる、学ばせてくれる存在。仲良くなれば色々得することもある。
chinaさん

◆仏にも鬼にもなりうる存在。
快速準急さん

◆選ぶことはできないが、尻拭いをしてくれたりさせられたりする存在。当たれば天国、はずれれば転職。
梅子さん

◆部下を選ぶことができず、部下もまたその逆の立場である者のこと。
一二三茶さん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じょうし【上司】

荘園の経営に当たる上級荘官。下司(げし)に対する呼称で,一般には預所(あずかりどころ)をさす。《平戸記》には〈寛治の定文に依るべくんば,上司と申すべきは是預所也〉とある(ただし,例は少ないが預所を〈中司〉と呼ぶこともある)。上司職ということもあり,1147年(久安3)東大寺政所は大法師覚光を飛驒荘上司職に補任している。上司の史料上の初見は,1024年(万寿1)3月9日の興福寺唯摩会料所の大和国葛上郡菓子御園司解状の署判者に,駿河介賀茂光頼と僧4名が〈上司〉として見えるものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かみつかさ【上司】

姓氏の一。

じょうし【上司】

会社・官庁などで、自分より地位が上の人。上役うわやく
その官庁より上級の官庁。
荘園運営の下級荘官である下司げしを指揮する上級荘官。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の上司の言及

【下司】より

…〈げす〉ともいう。本来上司(うえつかさ)に対する下司(したつかさ)で,身分の低い官人の意であるが,普通中世荘園において,在京荘官の預所(あずかりどころ)を上司あるいは中司というのに対して,現地にあって公文(くもん),田所,惣追捕使等の下級荘官を指揮し,荘田・荘民を管理し,年貢・公事の進済に当たる現地荘官の長をいう。惣公文と呼ばれることもある。…

【預所】より

…総じて鎌倉後半期から武士の預所化や,預所の武士化がすすむ。なお預所は,在地荘官の下司(げし)に対し,中司または上司と呼ばれることがある。中司は在荘預所,上司は在京預所の場合が多い。…

※「上司」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

上司の関連キーワードアカウントスーパーバイザー目標による管理(MBO)多面評価(360度評価)マイクロマネージメントレイシャルハラスメントリバースメンタリングフォロワーシップ伺い書・伺書U新聞年代記冷や飯を食う御機嫌斜め此れ幸いと達し・達示ナイジェル話が分かる面と向かう目標の連鎖積極的傾聴垂直的評価阿諛追従

上司の関連情報