コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凍結粉砕

2件 の用語解説(凍結粉砕の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

凍結粉砕

 物品を極低温におくと破壊されやすくなる.この性質を利用して物品を粉砕すること.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とうけつふんさい【凍結粉砕 cryogenic crushing】

冷媒を加え低温にして行う粉砕方法。プラスチックのような物質を脆化(ぜいか)温度以下の低温に下げて脆性破砕・粉砕を行わせる場合,あるいは食品原料のような温度上昇を防ぐ必要があるものを粉砕する場合に用いられる。一般に液体窒素を冷媒として用いるが,ドライアイスや液体炭酸を用いることもある。粉砕温度はポリ塩化ビニル-50℃,ポリエチレン-100℃,ココナッツ-100℃,とりがら-100℃程度である。2成分の砕料の優先(選別)粉砕を行う場合にも応用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

凍結粉砕の関連キーワード薄層クロマトグラフィーヒートポンププラスター粉砕機強化プラスチックヒートポンプ式電気給湯器低温流通浸漬凍結法耐寒性プラスチック移動突き

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

凍結粉砕の関連情報