凶器・兇器(読み)きょうき

精選版 日本国語大辞典「凶器・兇器」の解説

きょう‐き【凶器・兇器】

〘名〙
① 人を殺したり傷つけたりすることのできると認められる道具。また、人を殺したり傷つけたりするのに使ったもの。ピストル刀剣、棒などの類。凶具
※続日本紀‐宝亀一一年(780)二月丙午「兵雖凶器、事不止」
太平記(14C後)三八「我嘗(かつて)兵の凶器(ケウキ)なる事を不知、若かりし時好て兵書を学びき」 〔韓非子‐存韓〕
② 凶悪な者。凶賊
平家(13C前)七「試に義兵をおこして、凶器を退けんとす」
の時に用いる道具。〔周礼‐天官・閽人〕
④ 不吉なもの。〔荘子人間世

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android