義兵(読み)ギヘイ

世界大百科事典内の義兵の言及

【義兵闘争】より

…朝鮮,李朝末期の反日武装闘争。1896年の初期義兵と1905‐14年の後期義兵とからなる。李朝時代にはこのほかにも壬辰・丁酉倭乱(文禄・慶長の役)時の義兵など多くの例がある。…

【文禄・慶長の役】より

… 朝鮮側の対応と合わせて後述されるように,戦局は秀吉の思惑通りには推移しなかった。当時の朝鮮の正規軍は弱体であったが,慶尚道,全羅道を中心とする民衆の義兵組織や,圧倒的な明の援軍の到着によって補給路が絶たれ,渡海した兵員も各地に分散されたうえ一戦ごとに死傷者を出して手薄となっていた。この間,小西行長沈惟敬(しんいけい)(明の遊撃将軍)との間ですすめられていた和議交渉も,戦局の推移につれて二転,三転した。…

※「義兵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android