出ん所(読み)デンド

デジタル大辞泉の解説

でん‐ど【出ん所】

《「でどころ(出所)」の意》
人出の多い所。人なか。公衆の面前。
「町中(ちゃうぢゅう)へも断って、―で恥をかかせます」〈浄・大経師
最後に出るべき所。公儀。法廷。
「わりゃ―へは出られぬ身分ぢゃあらうがな」〈浄・阿波の鳴門

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

でんど【出ん所】

〔出る所の意〕
公の場所。人中。また、往来。 「あの生玉の-にて九平次めに踏ませては/浄瑠璃・曽根崎心中」
出るべき所。法廷。公儀。 「とつくり様子聞いた上、-へ出すとも/歌舞伎・お染久松色読販」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android