コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公儀 コウギ

デジタル大辞泉の解説

こう‐ぎ【公儀】

公的な事柄。おおやけごと。
朝廷、また、幕府。お上(かみ)。「公儀の役人」「公儀隠密(おんみつ)」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうぎ【公儀】

私事でない公的な事柄を指す言葉。古くは武家に対する公家(こうか∥こうけ)を指す言葉であったが,室町時代以降権力の移動につれて武家を意味するようになり,江戸時代には世間,世の中をも指すようになった。古代においては公家(くげ)は朝廷,おおやけという意味で使用され,また漠然と天皇を指す場合もあった。武家政権の成立後は,武家すなわち将軍あるいは幕府と区別する意味で,公家と並んで公という言葉が使用されるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうぎ【公儀】

おもてむき。おおやけごと。 「是は心中の憤りにて-に出だすべき咎にもあらず/太平記 39
朝廷・幕府・役所など、政治を行う機関。また、民を支配している人。お上。 「 -隠密」
世の中。世間。 「せがれより-を広う見覚えて/大句数」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の公儀の言及

【幕藩体制】より

…このことは,身分制の編成のためには,一極に,同時に最高の家父長である最貴種と,他極に,家父長制的関係から断絶させられた最卑種との編成が不可欠であった。前者の編成は将軍が天皇権威をその権力の中に組み込んで,公儀としての地位を確定することで実現した。 将軍は公儀となることによって,もともと将軍がもっていた,(1)封建的土地所有を統一的,集権的に掌握している最高位の領主,(2)封建的主従制の最高位の主君という性格のほかに,(3)封建国家としての幕藩制国家の国家君主,(4)封建的諸関係の母体となっている家父長制的関係の最高に位置する家父長,(5)人格的序列における最高の貴種としての性格を併せもち,絶対的な権威と権力とをみずからのものとした。…

【武家諸法度】より

…すなわち,戦国大名のもとで大名の領国支配と分国法が原則的に確立された事実をうけて,武家諸法度は領国支配者である大名を統制する法として成立した。大名は各領国においては公儀として領民に臨み,そのことによって領域的支配の正当性を認められていた。法度が著しく道徳的・儀礼的性質を帯びているのは,大名に公儀としての自覚を求めたものとみることができる。…

※「公儀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

公儀の関連キーワード茶屋四郎次郎(3代)茶屋新四郎(初代)三代茶屋四郎次郎佐野松金太郎大館常興日記法月弦之丞慶安御触書堀川第一橋鍋島直寛飯尾兼晴板垣友仙日本橋筋赤穂浪士薬師寺氏陽明文庫豊臣秀頼勧進元政体書永代橋高麗橋

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公儀の関連情報