出生地主義(読み)シュッショウチシュギ

  • しゅっしょうちしゅぎ シュッシャウ‥
  • しゅっしょうちしゅぎ〔シユツシヤウチ〕

大辞林 第三版の解説

国籍の取得に関して、子は両親の国籍とは関係なく、出生地の国籍が与えられるとする考え。生地主義。 → 血統主義

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 両親の国籍にかかわらず、その人の出生地によって国籍を定めるとする主義。出生による国籍取得に関する一主義で、ラテンアメリカ、アングロサクソン系の諸国などはこの主義を原則としている。生地主義。⇔血統主義

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出生地主義の関連情報