生地主義(読み)せいちしゅぎ(英語表記)ius soli

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生地主義
せいちしゅぎ
ius soli

自国の領土内で生れた者に自国の国籍を与えるという国籍取得に関する一つの主義。出生地主義ともいう。血統主義に対する。アメリカ合衆国やラテンアメリカ諸国で採用されている。日本の国籍法は血統主義を原則として採用しているが,補充的に生地主義を援用している (2条3号) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せいち‐しゅぎ【生地主義】

〘名〙 国籍取得に関する原則の一つ。出生子の国籍を出生地国によって決定する主義。出生地主義。⇔血統主義

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の生地主義の言及

【国籍】より

…以下,この改正を経た現行国籍法について述べることにする。
[国籍の取得]
 (1)出生による国籍の取得 血統主義(出生の際に親の血統に従って子に親と同じ国籍を取得せしめる主義),生地主義(出生の際に子に出生地国の国籍を取得せしめる主義)とがある。ただし今日では,世界的にこれら二つの主義を折衷的に併用する立法がほとんどである。…

※「生地主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android