出雲路派(読み)いずもじは

精選版 日本国語大辞典の解説

いずもじ‐は いづもぢ‥【出雲路派】

〘名〙 真宗一派の名。福井県武生(たけふ)市の毫摂寺を総本山とする。京都の出雲路にあったのが、兵火によって焼失し越前に移ったところからいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の出雲路派の言及

【毫摂寺】より

…福井県武生市にある寺。真宗出雲路派の本山。山号は出雲路山。…

※「出雲路派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android