コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毫摂寺 ゴウショウジ

4件 の用語解説(毫摂寺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ごうしょう‐じ〔ガウセフ‐〕【毫摂寺】

福井県越前市にある浄土真宗の寺。出雲路派の本山。山号は出雲路山。天福元年(1233)親鸞(しんらん)が京都出雲路に創建。本願寺第3世覚如の門弟乗専が再興。慶長年間(1596~1615)現在地に移転。毫摂は覚如の別号。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ごうしょうじ【毫摂寺】

福井県武生市にある寺。真宗出雲路派の本山。山号は出雲路山。寺伝によると,親鸞61歳のとき,京都出雲路に開創し,長子善鸞に付与し,次いで本願寺覚如が,その門弟の丹波の乗専の請によって復興し,その子の善入をして住せしめたという。しかし,本願寺の系図には善入に比定しうる人物は見えない。4世善智のとき兵火にあい,末寺であった越前横越の証誠寺に移り,1340年(興国1∥暦応3)に同国山本荘に寺基を定めた。以来6代を経て1575年(天正3)の一向一揆によって焼亡したので再び証誠寺に移り,1603年(慶長8)現地に再興された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ごうしょうじ【毫摂寺】

福井県越前市にある浄土真宗出雲路いずもじ派の本山。1233年親鸞が山城国出雲路(京都市北区)に創建。1603年現在地に再興。1878年(明治11)本願寺から独立。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

毫摂寺
ごうしょうじ

福井県越前(えちぜん)市清水頭(しみずがしら)町にある真宗出雲路(いずもじ)派の本山。山号は出雲路山。1233年(天福1)親鸞(しんらん)が山城(やましろ)国愛宕(おたぎ)郡出雲路(京都市北区)に一寺を創立。善鸞(ぜんらん)がこれを継いだが、寺は衰微した。本願寺第3世覚如(かくにょ)の門弟乗専(じょうせん)が再興し、その後、善入、善智(ぜんち)、善幸が継いだ。善幸のとき、応仁(おうにん)年間(1467~69)の兵乱により堂舎を焼失、長子善秀は京都にとどまったが、次男の善鎮と三男の善智は母とともに越前(えちぜん)国(福井県)に移った。善幸と縁が深かった同国横越(よこごし)(鯖江(さばえ)市)証誠寺(しょうじょうじ)の兼慶(けんきょう)(玄秀(げんしゅう))が蓮如(れんにょ)の門に入り寺を追われたので、善鎮がその後に入って住したのが福井での始まりである。1603年(慶長8)第12世善照のとき証誠寺を離れて現在地に移ったと伝えるが、開基については諸説がある。1878年(明治11)本願寺の所轄から独立し、別派をなした。広大な寺域に本堂、経蔵などが建つが、堂宇の大半は明治時代に再建されたものである。[清水 乞]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

毫摂寺の関連キーワード三門徒武生本山大本山専称寺武生市AOSSAサンドーム福井乗専土生彰

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

毫摂寺の関連情報