コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分子標的治療 ブンシヒョウテキチリョウ

デジタル大辞泉の解説

ぶんしひょうてき‐ちりょう〔ブンシヘウテキチレウ〕【分子標的治療】

癌(がん)細胞にのみ作用する分子標的治療薬を使用する癌の治療。従来の抗癌剤よりも副作用が少なく効果が高いとされるが、標的となる分子が発現しないタイプの癌には効かない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

分子標的治療の関連キーワード国際がんゲノムコンソーシアム日本がん分子標的治療学会キャッスルマン病ドライバー遺伝子消化管間質腫瘍アービタックスアプタマー医薬ベバシズマブセツキシマブネクサバールソラフェニブゲフィチニブ分子標的薬グリベックイマチニブイレッサ肺癌乳癌

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分子標的治療の関連情報