コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分子標的治療薬 ブンシヒョウテキチリョウヤク

1件 の用語解説(分子標的治療薬の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぶんしひょうてき‐ちりょうやく〔ブンシヘウテキチレウヤク〕【分子標的治療薬】

癌(がん)細胞などの増殖に必要なたんぱく質などの分子を標的として、癌細胞のみを破壊する薬剤の総称。分子生物学によって解明された遺伝子情報を活用して開発された。従来の抗癌剤が、癌細胞とともに正常な細胞も損傷させるのに対し、分子標的治療薬は癌細胞にのみ作用するため、抗癌剤にくらべて副作用が著しく少ないとされる。
[補説]グリベック白血病治療薬)・ハーセプチン(乳癌治療薬)・イレッサ(肺癌治療薬)など、日本でもさまざまな分子標的治療薬が使用されるようになってきたが、アメリカなど海外で次々と承認されている新薬の多くが、日本ではすぐに使えない状況にあり、治験制度の見直しを求める声が高まっている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

分子標的治療薬の関連キーワードラス癌遺伝子ビオス消化管間質腫瘍膜蛋白質アポタンパク質SHタンパク質色素タンパク質漿液細胞単細胞タンパク質糖タンパク質

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

分子標的治療薬の関連情報