分林 保三(読み)ワケバヤシ ヤスゾウ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説


職業
能楽師(観世流シテ方)

生年月日
明治42年 1月14日

出身地
京都府

経歴
分林孝之助の長男として生まれる。大正7年観世元義に入門、同年10月初舞台を踏む。のち杉浦友雪に師事。24歳で独立し、「鸚鵡小町」「姥捨」を披く。京都能楽界の最長老で、きめ細かな所作の舞と芯のある声の謡で知られた。平成13年親子4代で舞台に立ち話題となった。

所属団体
日本能楽会

没年月日
平成15年 2月23日 (2003年)

家族
長男=分林 弘一(能楽師)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android