コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鸚鵡小町 おうむこまち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鸚鵡小町
おうむこまち

能の曲名。三番目物,または四番目物として演じられる。老後小野小町シテとする老女物

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おうむこまち〔アウムこまち〕【鸚鵡小町】

謡曲。三番目物金春(こんぱる)以外の各流。新大納言行家が天皇の与えた歌の返歌を求めて老いた小野小町を訪ねると、1字違いのおうむ返しで答えたことを描いたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おうむこまち【鸚鵡小町】

能の一。三番目物。老いて零落した小野小町が帝の御詠に対し鸚鵡返しの返歌をしたことを描いたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鸚鵡小町
おうむこまち

能の曲目。三番目物。観世、宝生(ほうしょう)、金剛、喜多四流現行曲。作者不明。百歳に及ぶ老残の小野小町(シテ)に、帝(みかど)から哀れみの歌が下賜される。「雲の上はありし昔に変らねど見し玉簾(たまだれ)の内ゆかしき」。小町は「内ゆかしき」と一字をかえるだけの鸚鵡返(おうむがえ)しの返歌に、かつての才気をみせ、勅使(ワキ)の求めに応じて和歌の道を語り、昔をしのぶ舞を舞う。小町が人に物を乞(こ)う生活の悲惨さを背景にしながら、温雅な叙情を漂わせる。『関寺小町』『檜垣(ひがき)』『姨捨(おばすて)』の三老女に次ぐ秘曲として、重く扱われる。[増田正造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鸚鵡小町の関連キーワード井上 基太郎能現行曲一覧後藤 得三松本 謙三松本 恵雄分林 保三増田正造鸚鵡返し関根祥雪関根祥雪松本恵雄七小町謡曲金春御詠

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鸚鵡小町の関連情報