鸚鵡小町(読み)おうむこまち

大辞林 第三版の解説

おうむこまち【鸚鵡小町】

能の一。三番目物。老いて零落した小野小町が帝の御詠に対し鸚鵡返しの返歌をしたことを描いたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鸚鵡小町
おうむこまち

能の曲目。三番目物。観世、宝生(ほうしょう)、金剛、喜多四流現行曲。作者不明。百歳に及ぶ老残の小野小町(シテ)に、帝(みかど)から哀れみの歌が下賜される。「雲の上はありし昔に変らねど見し玉簾(たまだれ)の内ゆかしき」。小町は「内ゆかしき」と一字をかえるだけの鸚鵡返(おうむがえ)しの返歌に、かつての才気をみせ、勅使(ワキ)の求めに応じて和歌の道を語り、昔をしのぶ舞を舞う。小町が人に物を乞(こ)う生活の悲惨さを背景にしながら、温雅な叙情を漂わせる。『関寺小町』『檜垣(ひがき)』『姨捨(おばすて)』の三老女に次ぐ秘曲として、重く扱われる。[増田正造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おうむこまち アウムこまち【鸚鵡小町】

謡曲。三番目物。観世・宝生・金剛・喜多流。作者未詳。老女物の一つ。老いて零落した小野小町を扱ったもの。「檜垣」「姥捨」「関寺小町(せきでらこまち)」の三老女につぐ秘曲で、「卒都婆小町(そとばこまち)」「関寺小町」とともに三小町ともいわれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android