コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分離方式 ぶんりほうしきisolation method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分離方式
ぶんりほうしき
isolation method

モノリシック集積回路で,個々の素子を電気的に分離する方式のことをいい,p-n接合分離と絶縁物分離とがある。p-n接合分離では各素子と基板との間にp-n接合をつくってすべてのp-n接合を逆バイアス状態に保つ。空乏層が高抵抗状態になって電気的に分離されることになる。この場合,各素子と基板との間に空乏層容量とわずかの漏れ電流がある。絶縁物分離はこのp-n接合の部分を二酸化シリコン SiO2 などに代えたもので,電気的分離がより完全となるが,製作法が複雑である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

分離方式の関連キーワードローレンス(Ernest Orlando Lawrence)宇都宮市が導入を検討するLRT本州四国連絡高速道路株式会社中日本高速道路株式会社ビーム・リード集積回路東日本高速道路株式会社西日本高速道路株式会社阪神高速道路株式会社首都高速道路株式会社乳牛飼育用機械信楽高原鉄道上下分離方式障害児教育土地税制鉄道事業質量分析TSS私鉄選炭

分離方式の関連情報