切れ者(読み)キレモノ

デジタル大辞泉の解説

きれ‐もの【切れ者】

頭の回転が速く、物事をてきぱきと処理する才能のある人。敏腕家。やり手。「社内きっての切れ者
切り人(びと)」に同じ。
「今内務の―の白井なんかひどいそうです」〈蘆花黒潮

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きれもの【切れ者】

頭の働きが素早く、すぐれた手腕をもつ者。やり手。敏腕家。 「財界随一の-と評判の男」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

切れ者の関連情報